小豆島のオリーブなら「pensée パンセ」の通販で!~小豆島のお土産としても人気のある国産オリーブの歴史~

オリーブは小豆島の「pensée パンセ」で!~インテリア、ミニ盆栽のある通販~

小豆島オリーブの島と言われるほど、たくさんのオリーブが栽培されている島です。オリーブは食べ物としての用途だけでなく、結婚式のブーケアレンジやクリスマスリースとして使用するのもおすすめです。

ミニ盆栽インテリア向けの商品を通販にて展開しているpensée パンセでは、小豆島で栽培されたオリーブを使ったフラワーアレンジメントにも対応しております。結婚式向けのブーケなら、色とりどりの花を使ったデザインの提案も行っておりますので、ぜひご利用ください。

小豆島のオリーブを購入するなら「pensée パンセ」!~お土産としても人気のオリーブオイルあり~

小豆島のオリーブを購入するなら「pensée パンセ」!~お土産としても人気のオリーブオイルあり~

小豆島のオリーブを使った商品を販売しているpensée パンセでは、おしゃれなインテリアとして役立つミニ盆栽やプリザーブドフラワーを通販にて提供しております。

また、小豆島のお土産として人気のあるオリーブオイルもおすすめです。

目で楽しめるミニ盆栽、味覚で楽しむオリーブオイルと、様々な形でオリーブをお楽しみください。

オリーブの歴史について

オリーブの歴史について

オリーブの栽培は明治41年頃から日本に伝わってきました。当初、マグロやイワシの油漬けに使用する目的でオリーブオイルの国内生産を目指し、小豆島、鹿児島県、三重県で試験的に栽培されたのが始まりです。

中でも、小豆島の温暖で雨が少ない気候風土は、オリーブ作りに適していたため、今ではオリーブの島と呼ばれるまでに知名度を上げています。

小豆島にあるpensée パンセでは、オリーブを使ったリースやブーケ、インテリアの他にも、期間限定のオリーブオイルを通販にて展開しております。オリーブの歴史を肌で感じながら、ぜひ日々の生活にお役立てください。

コラム一覧